CHECK

任意売却の基礎知識を知ろう!競売との違い・売却の流れ・メリットなどを徹底解説!

このサイトでは任意売却と競売の違いやメリットデメリットを解説し、マイホームを売却する際にどのような流れで進めたら良いのか、その時に注意したほうが良い点を知ることができます。
マイホームの売却を検討中の方は、少しでも高く買い取ってもらうにはどうすれば良いのか学びましょう。
ここで紹介する手順を守ることで、希望の価格に近づける助けになればと考えています。
売却までの流れを知り、希望の価格が実現できるよう当サイトを活用して下さい。

任意売却の基礎知識を知ろう!競売との違い・売却の流れ・メリットなどを徹底解説!

任意売却は債務が滞った場合に買い手を探して売却し、その代金を弁済に充てる方法です。
一方競売は借金した際に不動産に担保を設定し、弁済できなくなったとき担保を実行する手続きです。
具体的には、競売は公的機関に申し立てて実行しますが、任意売却は通常の売買契約と異なりません。
したがって、任意売却は高く売れることもあれば、そうでないこともあり依頼先によって左右されることもあるでしょう。
こうした基礎知識をしっかり理解し、効果的な売却につなげることが大切です。

任意売却とは?一般的な不動産売却との違い

任意売却とは、住宅などの不動産をローンの返済中であるにも関わらず売ることをいいます。
売却の方法については特に指定はありませんが、通常は不動産会社に依頼して買い手を探してもらうこととなります。
この説明だけを聞くと、普通の中古住宅売買と何ら変わらないではないかという印象がありますが、両者には大きな違いが1つあります。
それは、任意売却の場合は売却代金によってローンが完済できる見込みがなくても実行できるということです。
通常、ローンが完済されていない住宅を売る時は、その代金をもってローンの残額がすべて返済できるという見込みがなければ債権者は売却に応じてくれません。
これは、貸し倒れを防ぐという意味では当然の措置であると言えます。
しかしながら、経済事情の変化によってこれ以上ローンの返済を続けていくことが困難になった時は、売却を認めないでいると自己破産などによる貸し倒れリスクが逆に増大するおそれがあります。
こうしたことから、債権者側も少しでも債権を回収した方が得策であるという判断から売却を認めるのが、任意売却ということになります。

任意売却と競売にはどのような違いがある?

ローンの返済が困難になった住宅を売却し、その代金を残債に充当するための方法としては、任意売却と競売という2つのやり方があります。
両者にはさまざまな違いがありますが、最も大きな相違点は裁判所の関与があるかないかです。
競売を行う際は、まず債権者である銀行や保証会社、あるいは債務者である住宅オーナーのいずれかが裁判所に申し立てを行います。
そしてその申し立てが認められると手続き開始となり、裁判所が決定したスケジュールに基づいて一般競争入札による売却が行われます。
もし入札が不調に終わった時は、最低落札価格を引き下げるなどして同じ作業が繰り返されます。
これに対して、任意売却ではスケジュールや売却方法などは、すべて債権者と債務者の話し合いによって決められます。
といっても住宅オーナーは不動産取引に関する専門知識を持っていないことが多いので、不動産仲介業者に依頼して買い手を探すというやり方が一般的です。
売出価格についても、市中の動向などを見ながら売り手側が決定することになります。

任意売却を選択するメリットとは?

住宅ローンの支払いが厳しくなったら、競売になることもありますが、競売では不利になることも多いことから、できrことなら避けたいと考える人は多いものです。
そこで、最近は競売よりも任意売却を選ぶケースが増えてきました。
任意売却を選ぶメリットでは、まず市場価格に近い金額で売却できるということがあげられます。
競売の場合は市場価格よりもかなり安い金額になるので、家を手放しても残債が多く残ってしまいます。
より高く売却できる任意売却なら残債も少なくなりますし、債権者である銀行にもメリットがあります。
それから、競売では周囲や近隣にその事実を知られてしまうことも多く、それが精神的な負担になることもあります。
その点、任意売却は通常の不動産取引のように手続きを進めていくことができますので、周囲に知られる心配も少なくなります。
それに、強制的な執行もありませんし、場合によっては引っ越し代を出してもらえることもあります。

任意売却にはデメリットもあるので注意しよう!

任意売却には、デメリットもあるので注意してください。
まず、任意売却を行うことで、早く引っ越しを行わなければいけないケースも存在しています。
思ったよりも早く買主が見つかることで、長く住み続けてきた思い入れのある家を手放す必要が出てきます。
この点は、覚悟する必要があります。
ただし、買主と相談することで、引っ越し時期を調整することもできます。
すぐに引っ越すことができない人でも安心することができるでしょう。
ほかにも業者選びを行わなければいけないデメリットも存在しています。
任意売却を行っている業者はピンからキリまで存在しています。
できるだけ高い値段で家を売ってくれるように努力してくれるところもあれば、あまり力を入れてくれないところもあります。
よい業者を見つけるためには、自分で調べないといけません。
任意売却をお願いする業者選びを行う点で時間もかかってくるでしょう。
これらの点を確認しておく必要があります。

任意売却に関する情報サイト
任意売却と競売の違い

このサイトでは任意売却と競売の違いやメリットデメリットを解説し、マイホームを売却する際にどのような流れで進めたら良いのか、その時に注意したほうが良い点を知ることができます。
マイホームの売却を検討中の方は、少しでも高く買い取ってもらうにはどうすれば良いのか学びましょう。
ここで紹介する手順を守ることで、希望の価格に近づける助けになればと考えています。
売却までの流れを知り、希望の価格が実現できるよう当サイトを活用して下さい。

Search